【簡単】グーグルマップを使いイラストレーター で地図を描く方法

仕事

仕事で使うwebサイトや、チラシ、フライヤーなどに地図を貼る時、グーグルマップをそのまま張っているのをよく見かけます。

デザイン的には見た目が大事ですが、何か方法がないかなと思っている方のお悩みにお答えします。

 

この記事を読むことで、これから地図のデザインを変更したい方、あるいはデザインをした事がない、イラストレーターを使った事がないという方でもすぐにプロのデザイナーと同じレベルの地図を描ける基本テクニックをマスターすることができます。さらに動画でも詳しく説明しています。

 

この記事を書いている私は、デザイナー歴15年で、現在フィニッシュワークという小さなデザイン会社を運営しています。

デザイナーのKIYOMIが同じように悩む人にデザイナーとしての視点も交えながら解説します。

この記事を書いている私はデザイナー歴15年

グーグルマップを使いイラストレーターとフォトショップで地図を描く方法

グーグルマップを使いイラストレーター で地図を描く方法

  1. スクリーンショットを撮る
  2. 地図をイラストレーターに貼る
  3. 地図の描き方を動画で説明していきます

 

手順①:スクリーンショットを撮る

MACの方は⌘+shift+3でスクリーンショットが撮れます。

Windowsの方はメーカーにもよりますが。”Prt sc”なるキーボードを探して見てください。

スクリーンショットをフォトショップで開きます。

自分が必要としている範囲以外は切り取り、これをイラストレーターへ移す前に、

グーグルマップの元画像は薄いので、少し加工します。

⌘+Mでトーンカーブを出します

トーンカーブ

赤い印のところの三角を右にずらすと地図の色が濃くなります。

トーンカーブ
トーンカーブ

※地図が描きやすくなる技です。これだけは特に覚えてください。

グーグルマップ

手順②:地図をイラストレーターに貼る

イラストレーターはpngファイルも読み込むので、そのまま、新規ドキュメントを立ち上げます。
⌘+N アートボードのサイズはとりあえずA4にしておきます。(後で変えられます)

デスクトップからファイル→配置します。

グーグルマップ

新規レイヤーを出して、地図は下のレイヤーにして、動かないようにロックを掛けておきます。

※鍵のマークがつきます。レイヤー2を選択してください。

レイヤー

手順③:地図の描き方を動画で説明していきます。

まとめ

グーグルマップを下書きにして描いていきますが、グーグルマップのように正確に描く必要はなく、

むしろ必要な場所への要所、道だけを描いていくと、デザイナー風の地図が描けると思います。

動画を見ながら何度か練習してみてください。

 

FinishWork

FinishWork

フィニッシュワークというデザイン会社です。 DTPデザイン・WEB制作・動画編集・Webマーケティングについても発信していきます。イラストレーターの使用方法をYouTubeで解説しています。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

FinishWork

FinishWork

フィニッシュワークというデザイン会社でデザイナーをしているKIYOMIです。DTPデザイン・WEB制作・動画編集・Webマーケティング等のお仕事をお受けしています。イラストレーターの使用方法をYouTubeで解説しています。

最近の記事

  1. LINE公式アカウントで予約を管理する方法【問合せ殺到中】

  2. 【最新】無料で作れるネットショップ比較storesとBASE

  3. 【閉店ガラガラ風シャッターエフェクト】YouTube動画編集に最適

TOP