イラストレーター デザイナー ブログ

FinishWork

デザイン 動画編集

YouTube動画編集でサムネイルの文字もデザインしてますか?

2020年2月7日

youtubeサムネイル

文字のデザイン・バランスがうまく取れない

youtubeのサムネイルなどタイトル周りの文字の使い方が難しい

この様な悩みのある方はいませんか?

これから解説していきます。

この記事を書いている私は、デザイナー歴15年で、現在フィニッシュワークという小さなデザイン会社を運営しています。
ここ、2〜3年は動画編集のスタッフも加入してYouTubeの動画編集、サムネイル製作にも注力しています。

動画編集者としてサムネイルも制作してはいるものの、文字のデザインができていない方がたくさん見受けられます。

文字にストロークをつけて、なんとか、キラキラさせてはいるものの、肝心の文字の詰めができていないんですね。

サムネイルって本で言えば表紙に当たる場所で、とても大事なところです。

なので、最低限、報酬をもらえるレベルまでスキルを上げましょう!

YouTube動画編集でサムネイルの文字もデザインしてますか?

youtubeサムネイル

日本語の文化から来る弊害があります

日本語の文化から来る弊害について以下に3つ上げます。

  • フォントによって文字の間隔、太さが変わる
  • 日本語の習慣として、マスに1文字づつ書く習慣がある
  • 漢字、ひらがな、カタカナと多様である
ウェブ

Webという文字の明朝体ですが、Wとeの間が気になります。

アルファベットの場合少しくっついているくらいの方が見た目がGOODです。

食い込むくらいで丁度いいくらいですね。

一見しても下のWebは間延びしてしまっています。

わかりやすい例ですね。

もう一つの例をお見せ致します。
イラストレーター カーニング

イラストレーターではオプティカルというのを入れるだけで、書体により文字、文章の幅が変わってきます。

「て」と「く」の間、「つ」と「て」の間、「う」は細いので、その前の「ろ」との間がとても気になります。

文字をデザインする場合、この辺りを詰めていきます。

YouTube動画で文字の詰め方の解説を見る

まとめ

  • 明朝体などの細いフォントを使用する時は気をつけましょう
  • タイトル周りのデザインには必須です
  • アルファベットを使用する時は、さらに詰める意識を持ちましょう

-デザイン, 動画編集
-

Copyright© FinishWork , 2020 All Rights Reserved.