デザイナー ブログ

FinishWork

動画編集

【最新版】初めての動画編集におすすめなパソコンを価格で選ぶ!

2020年2月10日

【最新版】初めての動画編集におすすめなパソコンを価格で選ぶ!

悩みを抱えている人

Youtubeを始めたいと思っている人や、動画編集をするときに必要なオススメのパソコンが知りたい、もしくは本当にパソコンが必要なのかも知りたい…

こういった疑問にお答えします

 

この記事を読むことで、誰でも簡単に、Youtubeの動画投稿・編集に最適なパソコンの選び方が理解できます。

 

この記事を書いている私は、デザイナー歴10年で、現在フィニッシュワークという小さなデザイン会社を運営しています。

デザイナーのハリーが同じように悩む人にデザイナーとしての視点も交えながら解説します。

この記事を書いている私はデザイナー歴10年

初めての動画編集におすすめなパソコンを価格で選ぶ

初めての動画編集におすすめなパソコンを価格で選ぶ

Home movie night, cinema rest illustration. Media leisure infographic. Digital entertainment

Youtubeに投稿するための動画編集に必要なものは主に二つあります。

  1. パソコン(スマホでもできますが、できればパソコンで編集する方が良いでしょう)
  2. 撮影用カメラはじめはiPhoneで十分です、YouTubeで収益化できたり、余裕があれば一眼レフのカメラを買ってもいいと思いますが、現在のiPhoneのカメラはとても優秀です

動画編集用のパソコンについて説明していきます

パソコンは大きく分けて2種類あります。

  • デスクトップ
  • ノートパソコン

結論として、ノートパソコンの方が持ち運びもできて便利です、なのでここではノートパソコンをご紹介します

初心者であれば、購入後にカスタムすることなどあまりないと思います。
拡張性もないのなら初めからノートパソコンで十分ですし、よほどの上位機種を購入しようとしていなければ現在のノートパソコンはデスクトップと性能もそれほど変わりません。

画面が小さければ、少しワイドなモニターを購入して増設することにより、自宅では大画面で作業ができます。
また、ノートパソコンであれば持ち運びができますので、カフェでもドヤれます。

ノートパソコンのOSによる比較をします

(OSとはコンピューターを動かすためのソフトウェアのことです)

  • Windows(マイクロソフト)
  • Mac(Apple)

Windowsはソフトウェアだけなので、色々なメーカーの製品があります。
MacはApple社だけが作っているパソコンのことです。
どちらも一長一短ありますが両者を比較してみます。

価格(コストパフォーマンス)

価格が安いわりに性能がいいのはWindowsです。
Macはデザイン性に優れてはいますが、高価です。

Windows

Mac(Apple)

対応している動画編集ソフトによる比較をします(利便性)

Youtubeへの投稿を目指すならば、動画編集ソフトは
Final cut pro と Adobe premire proの二択となります。

MacはFinal cut pro と Adobe premire proの両方に対応しています。

WindowsはFinal cut pro には対応していません。

Mac(Apple)

Windows

なお、具体的な動画編集ソフトについては「動画編集でオススメのソフトはAdobeプレミアです【稼げる副業】」の記事をどうぞ。

 

パソコンの性能による違い

動画編集に使用するパソコンの性能で気をつけたいこと。

  1. CPU
  2. メモリ
  3. ストレージ
  4. グラフィックボード
  1. CPU
  2. CPUはパソコンにおける頭脳に当たるところです。
    パソコンのOSや動画編集ソフトを実際に動かす役目があり、性能が高いほど、
    動画の処理スピードも早くスムーズな作業が行えます。推奨するのは、core i7以上です。

  3. メモリ
  4. メモリは作業机みたいなもので、数字が大きければ机の大きさも広くなり、作業スペースが広がります。最低でも8Gは欲しいところで、16Gあれば、いくつかのアプリケーションをパソコン内で同時に使用しても快適に作業できるはずです。推奨するのは メモリ16G

  5. ストレージ
  6. ストレージは様々なファイルの保管場所になります。現在はHDDとSSDとがあります。
    両方を併用しているパソコンもありますが、SSDは転送速度が早く、作業の効率化を考えると必須なものであると言えます。推奨SSD500G

  7. グラフィックボード
  8. グラフィックボード画像の処理などに利用されています。Youtube用の動画編集であればRadeon GeForce(GTX 1050 Ti)あたりを目安に選ぶといいと思います。

総合的に選ぶと(私個人の意見が入っております)

WindowsであればLenovoがオススメですね。

昔のIBMから引き継がれたメーカーです。
IBMの頃からキータッチの質感の良さが抜群でしたが、今でもそれを引き継いでいます。
また、余計なアプリケーションが入っていないので、快適です。
Lenovo
Lenovo IdeaPad C340 第10世代 Core i7・16GBメモリー・1TB SSD・15.6型フルHD液晶搭載

MacであればMac book proがオススメです。

現在では13インチと16インチがあります。
私は、少し前の15インチのMac book proを使用しています。
core i7 メモリ16G ストレージ500G グラフィックボードIntel UHD Graphics 630
購入した時は、消費税を入れると40万円くらいだったと思います。
問題なく快適に動いています。
Mac

-動画編集
-

Copyright© FinishWork , 2020 All Rights Reserved.